無彩色な飛行機日記

PC版だとタグ一覧出ます

撮影記

夕刻の有明海~佐賀空港~

NH455も日没前に到着するようになりました。夕日カットを狙いに行くも早着で夕日がかなり高い位置。 今日はダメかと肩を落としていましたが運よく船と絡んでくれました。 2024.03

海苔養殖~佐賀空港~

3月上旬、海苔養殖の船と養殖網が有明海を覆いつくします。朝の柔らかな光を纏った佐賀空港の始発便、NH452は今年はB767での運航。 存在感抜群です。 2024.03

RWY34運用の朝~福岡空港~

朝からRWY34運用となることは少ない福岡空港。この運用になると色々な場所から狙いたくなりますが今回はエンドで飛行機を撮影することに。 まず定番なのがこのカット、RWY34へタキシングしてくる飛行機を真正面から。夕方も撮れますが、ここのカットは夕方よ…

澄んだ冬~仁川国際空港~Part3

この場所で狙っていたのが低いアプローチ。適正アプローチでは背後のビル群を完全に覆ってしまうのでやや低いアプローチがベスト。 背景に一番馴染んでくれたのは地元大韓の77Wでした。光線含め個人的にこれが一番満足のいくカットとなりました。 2024.01

澄んだ冬~仁川国際空港~Part2

視程抜群の仁川、ビル群もくっきり見える最高の天気でした。アプローチする飛行機によって微妙に高さが異なり、狙いの位置を通ってくれる便は少数でした。 2024.01

澄んだ冬~仁川国際空港~Part1

視程が50㎞を超えていたこの日の仁川。基本視程が悪くガスガスしている日の多い韓国でここまで抜けのいい空は初めて。 ターミナルもくっきり見えて、背景の山々の輪郭まで鮮明だ。 平行滑走路も有する仁川国際空港で日常的に行こなわれる同時離着陸。今回は…

ポケモンジェット~熊本空港~

先日所用にて熊本へ。帰り道、約1年ぶりに熊本空港を訪れました。 夕方の美しい時間のはずですが、僕が訪れると夕方は確実に曇る。その不名誉な記録をまたも更新してしまいました。 それでもこの日は2機のポケモンが飛来。夜の帳が降りた空港を賑やかなもの…

佐賀空港、夜のB787

珍しくB787によって運航されたこの日のNH455-NH458。折り返しのNH458が出発する際には辺りは真っ暗。 そんなに好きではないRWY11上りを堤防から狙うこのカット。完全に堤防の上に登ると綺麗に撮影できますが、せっかくのB8なので進入灯を入れて撮影したい。 …

黄昏の有明海~佐賀空港~

PW1100Gエンジン問題により国内地方路線に頻繁に投入されるようになったB767とB787。佐賀には専らB767が投入されていますがこの日はB787による運航。 1月のNH455-NH458は日没後。この日のNH455は僅かな早着。かすかに残った残照、それを反射する有明海によっ…

エンジンブラスト~佐賀空港~

徐々にだが有名になりつつある佐賀空港の朝日カット。NH452との絡みは時刻表通りに行かないことが多く(基本早発)、後はどれだけ通うかだ。 この日は定刻より早く出発してくれたものの太陽はもうある程度の高さへ。自分の中ではギリギリ許容できる範囲内の高…

染める~佐賀空港~

眩しい太陽。太陽をしっかり入れたくなるもののここは我慢。染まる空と飛行機の影。 全てを染め上がる、朝の強い光に感謝。 2024.03

バックライト~佐賀空港~

2月下旬から3月上旬にかけてのNH452と日の出の絡み。2月中旬に丼カットを撮ったためそこまで必須で抑えなければいけないものではなかったですが、下旬の某日に立ち位置ミスをしそれから連日通う羽目になりました。(ただの負けず嫌い) この日はやや厚い雲があ…

魅惑の北の大地~旭川空港~Part7

先ほどのJL555の折り返し、JL556は日没前の最高の時間の出発。 最後は空港外周へ。ターミナルと飛行機、染まった山々を撮る。 2日間の日程しか確保することができなかったこの遠征。最終日は「雲一つない快晴」この言葉がとても似合う天気となった。南の聖地…

魅惑の北の大地~旭川空港~Part6

旭川空港で1番美しい便、JL555。16時前に降りてくるこの便は光線が完璧だ。旭川で最後の下りの撮影になる。最後くらいは機体をメインで撮ろう。 実を言うと最後までRWY34下りに期待しており、無線を聴いて急いで16方面へ。撮影場所を考える時間がなく、旭川…

魅惑の北の大地~旭川空港~Part5

季節外れの南風が吹く旭川。下りはRWY34運用の方がありがたいが上がりはRWY16の方が絵になる場所が多い。 空港から少し離れた場所で上りを待つ。AIRDOの上がりは想像を超えるドッカン。それでも雄大な山々をバックに上がっていく。 北の聖地、そう言われる理…

魅惑の北の大地~旭川空港~Part4

昼過ぎに到着のJAL。思考をかえ大雪山と街並みを絡めるように車を走らせる。 しかし、高度が予想より低かった。まぁこれはこれでありじゃないか?この時間になると大雪山を入れるだけで絵になる。 2024.02

魅惑の北の大地~旭川空港~Part3

旭川に就航しているLCCのジェットスター。若干上りが早く絡まなかったがくっきりなオプタテシケ山と絡んでくれた。 旭川空港、やはり壮大な空港だと再認識した1枚でもあった。 2024.02

魅惑の北の大地~旭川空港~Part2

朝から快晴の旭川空港、終日南風予報でしたが朝は無風。RWY34へのアプローチ。 もはや旭川では定番となっている雪原と飛行機の影を絡めるショット。ほぼ狙い通りの位置を通ってくれた時の喜びは大きいもの。 数カットで印象の変わる影カットですが、SNSに上…

魅惑の北の大地~旭川空港~Part1

冬の旭川空港、訪れたかった空港の一つです。冬はなかなか気持ちのいい晴れ間が少ない北海道ですが見事晴れ間を引き当てましたので、数回に分け写真を投稿していきたいと思います。 週2で運航されているタイガーエア。RWY16より離陸したところを34エンドより…

佐賀空港、日の出とNH452

NH452と日の出の絡みは2月下旬から3月上旬。 今年はPW1100Gエンジン問題でB6が投入されているNH452。B6の上りがどんな感じか視察で訪れたこの日。 定刻と日の出時間を考慮すると日の出前に出発してしまうだろうと踏んでいた。しかし、5分遅れでプッシュ開始…

異国情景~台北松山空港~

台北松山空港、市街地に近くビルの隙間から飛行機が時折見える。福岡っぽい雰囲気を感じる。 FR24を見ながら大体の位置を予想しあとは飛行機が見えるのを待つ。数機ほど色々試したりするもののなかなか車とのかみ合いが悪い。 結局妥協してこれが精いっぱい…

台北101より飛行機を~台北松山空港~

台湾の有名観光スポット「台北101」 初めての台湾なので一度は訪れてみたかった場所の一つでもある。松山空港に近くもしかしたら,,,,と淡い期待もしつつ登る。 生憎の天気で景色を鑑賞するにはイマイチな天気だった。それでも予想以上に飛行機が見える。これ…

台北松山空港、定番撮影地を巡る~Part3~

台北松山空港の定番撮影ポイント、「劍潭山」。台湾に来ても山に登るのはじつは2回目でなんでこんな山に登っているのか不思議になるが高いところから撮る写真は大体絵になる。 時期が冬なため終日逆光となる。それならば夕方に訪れようと日知没の2時間前に…

台北松山空港、定番撮影地を巡る~Part2~

台北松山空港の近くにある青果市場、空港からバスで楽々行くことができた。 個人的に市場を歩き回っているだけでも楽しかったがスポッティングにも最高の場所。定番カットである「圓山大飯店」との絡み。 いかにも台湾らしい。そんな素晴らしい景色でした。 …

台北松山空港、定番撮影地を巡る〜Part1〜

台湾滞在期間は3日だったが、観光/撮影できるのは実質2日だった。台湾定番の観光地も巡りたく撮影は二の次でしたが、定番撮影ポイントは回ったので数回に分け投稿していきます。 まずは飛機巷、通称10エンド。伊丹の千里川のような雰囲気を感じるがおそらく…

桃園国際空港、展望デッキ

初の台湾へ。到着が午後でSIM開通手続きに案外時間を取られ気づけば日が沈んでいた。 桃園空港は海外の空港では珍しく展望デッキを完備している。撮影環境も比較的良好でかなり近くで飛行機を撮影することができた。 福岡では以前まで定番だったサンリオのA3…

1タミの流し〜羽田空港〜

羽田空港RWY34L、北風運用時にはひっきりなしに飛行機の降りてくる忙しい滑走路だ。 そんな34Lを狙えるのは1タミと3タミのデッキ。3タミの方が誘導灯の光が綺麗に入りかなり映えるが、1タミは飛行機との距離が近い。純粋な流し撮りを練習するには最高の場所…

視程良好、冬の羽田空港~Part3~

前回と打って変わってドッカン上がりをしたのはスターウォーズのJA743A。こちらはC1からのフルレグス。 夕焼け光線と工業地帯の煙突の絡みが新鮮でした。 羽田の2タミ、冬場の上りは読めない点も面白いポイントの一つです。 2024.01

視程良好、冬の羽田空港~Part2~

この日驚愕だった上り、C3からのインターセクションだったのもありますがこの位置でこの高度。機首を上げたというより勝手に上がったという表現が正しいのかもしれません。 ここまで低い上がりは初めてで撮っていて状況を把握するのに数秒かかりました。 NH6…

視程良好、冬の羽田空港~Part1~

2024年、元旦よりへ撮影。ぼちぼち更新していきますのでよろしくお願いします。 2024年元旦の羽田は卓越した北風で、34Rから上がる機体の大半はドッカン上がり。また、視程もかなり良く都心のビル群との絡みは定番ながらも毎回狙ってしまいます。 ルフトハン…