とある高専生のヒコーキ撮影日記

撮影記クリックで写真の一覧出ます。

日常の日々

 コロナですべてが崩壊した2020年。コロナに慣れてきた人が多いだろう。

 逆にコロナで見えてきたものもたくさんある。政府のずさんさ、メディアの曖昧さなど。何が本当で、何が不正解なのか。

 

 人類は過ちを犯さないと前に進めない。それが一回経験したことでも。その時は変わるだろう。でも、風化していくと人類は同じ過ちを繰り返す。過ちを教訓に、それを警告するものもたくさんいる。しかし、リーダーは全くそれを示さない。故に、大衆の意見は教訓を活かさないことになる。

 誰もが自分の価値観、世界観を持っている。だからこそ、意見が違うのは当たり前。それならば、統率の取れない個人の世界が出来上がる。そのためにいるのがリーダーである。本当の情報を発信するメディアも必要だ。彼らがまともに機能しない日本に未来はあるのか。平和ボケした日本の日常を取り戻せるのか。今の日本にいきる価値はあるのか。

 いっそのこと、コロナで人類が滅びてしまえばいいんだ。全員が幸福になれる世界なんて作れるのか?あなたは誰にでも平等で、全員の幸福を本心で願うことができるのか?

 愚かな人間なんて滅んでもいいんじゃないか。正解はないんだろ。すべてを他人事に済ませ、当事者になれば救済を必死で求める、人間の愚かさにはもう飽き飽きだ。

 

 早く日常が戻ってくるように。ただそれだけを願って。

f:id:Niiairlines:20210115222136j:plain