とある高専生のヒコーキ撮影日記

撮影記クリックで写真の一覧出ます。

AIRDO 新千歳空港ー仙台空港(HD100) B737-700 【搭乗記】

 新千歳ー仙台はかなり高需要の路線だ。九州住みの筆者からするととても意外に感じた。

 

 今回はAIRDO を利用して新千歳から仙台へ行くことにした。それでは搭乗レビューをしていく。

 

フライトデータ

  • HD100 CTS-SDJ
  • 07:50-9:00/7:45-8:58 Flight Time ahr13min
  • B737-700(JA07AN)
  • 離陸/着陸滑走路 01L↑/27↓
  • 座席 25F
  • 巡航高度 30000ft
  • 2022/04/某日
  • 天候、いずれも晴れ

 

 搭乗

 新千歳空港へ到着後、早速チェックインし保安検査を受け制限エリアへ。今回は5番ゲートだった。

f:id:Niiairlines:20220808002154j:image

f:id:Niiairlines:20220808002151j:image

 搭乗時間となったので乗り込む。AIRDOはANAと同じ形式で搭乗が行われている。

 「優先搭乗→グループ1,2(上級会員)→グループ3」だった。

 

 今回の座席は25F、最後列の座席だ。搭乗率は6割ほどだった。隣2席に他のお客さんは来なかったため快適だった。

 

 AIRDOのB737-700は元々ANAの機体だ。しかし、ANAの同機は色々あってすでに退役済みだ(シートで色々トラブルがあったようだ)。AIRDOのB737-700はシートを転換しており、トラブルなど何事もなく運航されている。

 出発前、除雪剤を散布していた。それによって虹が見れたのは何だがラッキーだった。

 

フライト

 定刻よりもやや早くドアが閉まり出発した。RWY01Lはタキシングし、インターセクションテイクオフ。

 新千歳空港を眼下に大きくライトターンしてヘディングto仙台。4月なのに雪が降り、真っ白になった北海道の大地に見とれながら上昇していく。九州民の筆者からしたら、雪景色はそんなに見れないものなのでとてもテンションが上がる。

 

 離陸後20分ほどで巡行高度へ。巡航高度は30000ftのようだ。

 

 では、恒例のシートチェック。筆者は身長165cmほど、こぶし2.5個分の広さだった。足回りのポケットが結構コンパクトなためかなり広く感じる。

f:id:Niiairlines:20220808002204j:image

 機内サービスが始まり、ジュースを提供される。今回はリンゴジュースを選択した。AIRDOの機内サービスドリンクの紙コップは、ベアドゥが描かれておりとてもほっかりできる。

 

 サービスが終わった後にCAさんにお願いして、紙コップが欲しいとお願いした。すると、熊の輪郭まで描かれて中に飴が入れてあった。また、CAさんに「飛行機好きなんですか?」など話しかけてもらい、楽しい時間を過ごせた。

f:id:Niiairlines:20220808002209j:image
f:id:Niiairlines:20220808002207j:image

 この路線は、岩手などの海外線を飛行するため東北の山々を眼下にできる。飽きることない景色を見れるので最高だ。

 

到着

 徐々に高度を下げ、仙台空港RWY27へ滑り込む。ファイナルは結構低高度で太平洋を旋回するのでかなりスリリングだった。

 仙台空港へ到着後、もう一つの滑走路に入って離脱する。

 

 降機前、機内のショットを撮影し今回の旅は終わった。

 

 座席についてだが、B737‐700では左側が24列、右側が25列となっており左側が一列少ない。これはそちら側の最後部にトイレがあるためだ。

 そのため、結構人通りが多く気になってしまう。

f:id:Niiairlines:20220808002157j:image
f:id:Niiairlines:20220808002212j:image

非常口座席はほかの座席に比べ広い

 

まとめ

 新千歳ー仙台でHD100を利用しての感想は以下の通りだ。

  • この路線はやはり高需要
  • B737-700は国内ではAIRDOのみ
  • 短距離路線だが、景色は楽しめる
  • シートピッチはかなり広く感じた
  • 最後部座席は特殊な構造だが、人口密度が低くなりがちなので快適に過ごせる。

 新千歳ー仙台間はANA、AIRDO、IBEX、JALpeachが運航しており、たくさんのエアラインを選択できる。それもまた、この路線の魅力ではないだろうか。


 最後までお付き合いありがとうございます。
f:id:Niiairlines:20220808002200j:image

夜の光探し~福岡空港~

 福岡空港、夜でも十分に明るい空港だ。

 

 一時的だが、スポットライトのように機体を照らしてくれるシーンを見つけることができた。

 

 E1からラインナップする機体、E2に他の出発機がいればランディングライトが明るい照明となる。

 

 案外このシーンは少ない、だからその少ないシーンをいかに活かすか。ただ、綺麗に撮れれば胴体に翼のシルエットが浮かぶちょっと不思議な絵が撮れる。

 

 夜は光をいかに探すか、それに尽きると思う。

 

曖昧で明確な光を描いて~伊丹空港展望デッキ~

 伊丹空港展望デッキ、国内でも屈指の環境であり飛行機撮影にはもってこいの場所だ。

 

 しかし、伊丹空港には「千里川」「伊丹スカイパーク」「スカイランド原田」など有名な撮影スポットが多い。そのため、案外穴場的な撮影ポイントだと感じるのは筆者だけだろうか?

 

 夕刻、日はどんどん傾くが太陽の周りにはたくさんの雲が。その雲の間からは無数の光が漏れ出している。曖昧だが、確かにそこにある。そんな漏れ出すような光線とともに。

 

 この瞬間、周りには誰もいなかった。

 

佐賀空港、RWY11エンドの魅力

 幼いころから飛行機を撮ってきた佐賀空港。そんな筆者の思い入れのある空港だが、魅力的な場所は多々ある。

 

 その中でも特に魅力的なのがRWY11エンドの堤防だろう。

 

 滑走路までわずか500m、そのためRWY11へ着陸する機体は上空をかすめるように飛んでくる。

 

 また、滑走路は東西を向いているため夕暮れの際は劇的な空が訪れることが多々ある。

 

 いろいろな条件がそろったとき、魅力的な空が生まれる。それは見るもの、撮るもの全てを魅了する。

 

 筆者が飛行機写真の沼に入り込んでしまった一枚でもある。これがなければここまで飛行機を撮っていなかっただろう。

 

 今のカメラを使い始めて、まだカメラの知識が乏しい中で切り取った世界。綺麗な写真に変わりがないが筆者的には思い入れがとても強い一枚だったり。

ドアップの切り取り方~羽田イノベーションシティ~

 羽田イノベーションシティ、羽田空港午後の南風運用(通称都心ルート、または新ルート)撮影のためだけに作られたかのような立地にある。

 

 RWY16R/Lに着陸する機体、そしてRWY22から離陸する機体を撮影できる。

 

 この運用の時間帯的にちょうど順光、そして冬場の光はいい。完璧に順光ではないので優しい光に減光してくれる。

 

 さて、本題のドアップの切り取り方。

 

 筆者はドアップで撮るときは「今撮影で使ってるレンズの最大ズーム固定で撮影」を心がけている。

 (単焦点使用してる人には関係ないが)

 

 迷っていたら時間がない、ドアップで撮るときの大半は一瞬の出来事だから。

 

 気持ちのいい切り取り方ができるとやっぱり楽しいね。