無彩色な飛行機日記

PC版だとタグ一覧出ます

撮影記

モノクローム~佐賀空港~

スタアラ塗装で撮りたいカットの一つがこれ。白と黒を基調とする特別塗装だから映えるモノクローム。 それに加えこの日は黄砂により空が真っ白。普段なら絶望する空でもモノクロームにするのなら気にならない。B767のメカメカしさとスタアラ塗装のシンプルさ…

スぺマ祭り~佐賀空港~

なかなかスペシャルマーキング、通称スぺマが来ない佐賀空港。しかしこの日はすごかった。 TW273/TW274にはティーウェイのポケモンジェット(HL8306)が投入。そして、NH453/NH456にはANAのスターアライアンス塗装(JA614A)が投入され並んだ。まさか佐賀でこの…

定番の流し撮り~佐賀空港~

空には薄い雲が広がり、滑走路は乾いている。まさにお手上げな条件。 原点回帰で流しで撮る。筆者は昼間に流し撮りは極力しない派なので久しぶりに実践することに。 幼少期に幾度なく撮った、ターミナルをバックにRWY11の上りを撮る構図。久しぶりに撮影した…

CF6リバース~佐賀空港~

2024年4月上旬はNH981/982に76E、WL付き国際線仕様のB767が投入されている。 雨予報でB6、狙いはもちろんリバース一点狙い。しかし、無情にも晴れ男を発揮(?)してしまい、空港到着と同時に雨が止んだ。 辛うじて水飛沫をあげる様子を撮影することはできたが…

テイルウインド~福岡空港~

320@10、無線で告げられる風はどう見てもテイルウインドだ。朝から北風成分が強かったが9時ころには10knotsを超える北風が吹いていた。 テイルウインドとなると接地は伸びやすくドスンと一気に下すことが多い。視程も光線もイマイチだったため、必然的に狙い…

遅咲きの桜2024~福岡空港~

2024年の桜は遅かった。バイトなどの用事、そして天候。福岡は桜の一番綺麗な時期が専ら雨模様だった。 唯一晴れたこの日は午後からバイト。撮影時間は限られていた。桜の開花具合は7割といったところだろう。 桜だけではパッとしない。無理やり感は多少ある…

見下ろすD滑走路~羽田空港~

RWY34Lへの着陸はそれなりに経験している筆者。羽田へ向かう便は基本富士山狙いで左のA席に座ることが多い。この日は午後便ということもあり右側K席を指定。 右側席からだとRWY34Lは着陸間際にRWY05を見ることができる。どの機体がいるか、そもそも飛行機が…

展望ホール~徳島空港~

人生初訪問の徳島空港、乗り継ぎの僅かな時間のみの滞在でした。 展望デッキ(展望ホール)はガラス越しですが飛行機との距離が近く、なかなか新鮮な絵が撮れる空港だと思います。次訪れる際は外周へ行ってみたいものです。 2024.02

B737並び~セントレア~

最後はセントレア定番カット。各社一番機の出発後は沖止めに置かれていた機体がスポットへ。8時前には全てB3で、それも綺麗に並んでくれます。 これにてセントレア編は終わりです 2024.03

色付く時間のディパーチャー~セントレア~

セントレア、夕刻のいい時間は面白いほどのトラフィックが少ない。そして、離陸機を狙うとなるとその難易度は一気に上がる。 フルレグスorインターセクション、フルパワーor絞っての離陸。おそらく下手な地方空港よりも難易度は高いと思う。 この日の狙いは…

反射~セントレア~

セントレアの定番カットとなっているスカイデッキの根元から圧縮効果を狙う構図。 定番であっても案外撮影するのは難しく、なかなかいい条件は揃いません。一番理想の場所へ飛び込んできてくれたのはANAのB737でした。 2024.03

荒れる伊勢湾~セントレア~

この日のセントレアは40knots、MAXで50knotsの暴風。スカイデッキも根元のみの開放でした。 国際線側はターミナルに風が防がれ何とかなっていたものの、国内線側はもろに風を受け立っているのもやっとなほど。ファインダーの中の景色が安定しない最悪のコン…

D5~セントレア~

所用にて名古屋へ。1日だけ撮影する機会がありましたので数回に分け投稿していきます。 セントレアへはANA、SFJ、JJPの3社が福岡から運航していましたが最近ORCも就航したようでした。せっかくなのでORCへ搭乗し愛知へ向かうことに。 RWY36へランディングし…

クレーンのある景色~佐賀空港~

自衛隊のエプロンなどの工事が急ピッチで進む佐賀空港。つい最近までは5台ほどだったクレーンも今や10台以上に(写真外にも複数あり)なっている。 今しか見れない佐賀らしくない景色。写真でクレーンのある場所は個人的に結構お気に入りの撮影場所が合ったと…

春うらら~佐賀空港~

佐賀空港、RWY29エンドは毎年見事な菜の花が咲いている。ただ、佐賀空港の特性上逆光になってしまうので工夫が少々必要だ。 何気に佐賀の菜の花を撮るのは3年ぶりだったりする。いつか撮れるしで結局ここ数年サボっていた。桜の開花の遅い2024年、春の風物詩…

漆い空~佐賀空港~

春霞の酷い空となったこの日、NH455は若干のテイルウインドだったがRWY11へ。 こんな天気の日に望遠で撮るものじゃない。それでもこの空気感でしか表現できない絵はあるだろう。 2024.03

夕刻の有明海~佐賀空港~

NH455も日没前に到着するようになりました。夕日カットを狙いに行くも早着で夕日がかなり高い位置。 今日はダメかと肩を落としていましたが運よく船と絡んでくれました。 2024.03

海苔養殖~佐賀空港~

3月上旬、海苔養殖の船と養殖網が有明海を覆いつくします。朝の柔らかな光を纏った佐賀空港の始発便、NH452は今年はB767での運航。 存在感抜群です。 2024.03

RWY34運用の朝~福岡空港~

朝からRWY34運用となることは少ない福岡空港。この運用になると色々な場所から狙いたくなりますが今回はエンドで飛行機を撮影することに。 まず定番なのがこのカット、RWY34へタキシングしてくる飛行機を真正面から。夕方も撮れますが、ここのカットは夕方よ…

澄んだ冬~仁川国際空港~Part3

この場所で狙っていたのが低いアプローチ。適正アプローチでは背後のビル群を完全に覆ってしまうのでやや低いアプローチがベスト。 背景に一番馴染んでくれたのは地元大韓の77Wでした。光線含め個人的にこれが一番満足のいくカットとなりました。 2024.01

澄んだ冬~仁川国際空港~Part2

視程抜群の仁川、ビル群もくっきり見える最高の天気でした。アプローチする飛行機によって微妙に高さが異なり、狙いの位置を通ってくれる便は少数でした。 2024.01

澄んだ冬~仁川国際空港~Part1

視程が50㎞を超えていたこの日の仁川。基本視程が悪くガスガスしている日の多い韓国でここまで抜けのいい空は初めて。 ターミナルもくっきり見えて、背景の山々の輪郭まで鮮明だ。 平行滑走路も有する仁川国際空港で日常的に行こなわれる同時離着陸。今回は…

ポケモンジェット~熊本空港~

先日所用にて熊本へ。帰り道、約1年ぶりに熊本空港を訪れました。 夕方の美しい時間のはずですが、僕が訪れると夕方は確実に曇る。その不名誉な記録をまたも更新してしまいました。 それでもこの日は2機のポケモンが飛来。夜の帳が降りた空港を賑やかなもの…

佐賀空港、夜のB787

珍しくB787によって運航されたこの日のNH455-NH458。折り返しのNH458が出発する際には辺りは真っ暗。 そんなに好きではないRWY11上りを堤防から狙うこのカット。完全に堤防の上に登ると綺麗に撮影できますが、せっかくのB8なので進入灯を入れて撮影したい。 …

黄昏の有明海~佐賀空港~

PW1100Gエンジン問題により国内地方路線に頻繁に投入されるようになったB767とB787。佐賀には専らB767が投入されていますがこの日はB787による運航。 1月のNH455-NH458は日没後。この日のNH455は僅かな早着。かすかに残った残照、それを反射する有明海によっ…

エンジンブラスト~佐賀空港~

徐々にだが有名になりつつある佐賀空港の朝日カット。NH452との絡みは時刻表通りに行かないことが多く(基本早発)、後はどれだけ通うかだ。 この日は定刻より早く出発してくれたものの太陽はもうある程度の高さへ。自分の中ではギリギリ許容できる範囲内の高…

染める~佐賀空港~

眩しい太陽。太陽をしっかり入れたくなるもののここは我慢。染まる空と飛行機の影。 全てを染め上がる、朝の強い光に感謝。 2024.03

バックライト~佐賀空港~

2月下旬から3月上旬にかけてのNH452と日の出の絡み。2月中旬に丼カットを撮ったためそこまで必須で抑えなければいけないものではなかったですが、下旬の某日に立ち位置ミスをしそれから連日通う羽目になりました。(ただの負けず嫌い) この日はやや厚い雲があ…

魅惑の北の大地~旭川空港~Part7

先ほどのJL555の折り返し、JL556は日没前の最高の時間の出発。 最後は空港外周へ。ターミナルと飛行機、染まった山々を撮る。 2日間の日程しか確保することができなかったこの遠征。最終日は「雲一つない快晴」この言葉がとても似合う天気となった。南の聖地…

魅惑の北の大地~旭川空港~Part6

旭川空港で1番美しい便、JL555。16時前に降りてくるこの便は光線が完璧だ。旭川で最後の下りの撮影になる。最後くらいは機体をメインで撮ろう。 実を言うと最後までRWY34下りに期待しており、無線を聴いて急いで16方面へ。撮影場所を考える時間がなく、旭川…