とある高専生のヒコーキ撮影日記

撮影記クリックで写真の一覧出ます。

FDA ミステリープラン 静岡空港ー福岡空港(JH149) E175 【搭乗記】

 静岡を拠点とするフジドリームエアラインズ(以下FDA)は、面白い様々プランを考案し販売している。

 今回利用したのはFDAミステリープラン」だ。一泊二日で航空券とホテル込みで最安10000円(2名でセミダブルの場合)だ。しかし、どこへ行くかは分からない。そんな画期的なプランだ。普通に考えて片道10000円でも十分安いが、なんと往復、しかも宿泊費込みなのは破格だ。

 

 今回は福岡発着で申し込み、目的地は静岡だった。

 

 さて、今回は復路である静岡空港福岡空港、JH149をレビューしていく。(往路からじゃないのは気まぐれ)

 

 

フライトデータ

  • JH149 FSZ-FUK
  • 16:30-18:25/16:28-18:12 Flight Time 1hr19min
  • Embraer E175STD (JA12FJ)
  • 離陸/着陸滑走路 12↑/16↓
  • 座席 2K
  • 巡航高度 36000ft
  • 2021/03/某日
  • 天候 静岡、曇り 福岡、曇り

 

搭乗

f:id:Niiairlines:20220320223049j:plain

展望デッキより

 静岡空港到着し、すぐにデッキへ。本日の搭乗機を確認する。ホワイトの12号機が今回の搭乗機となる。時間もそんなにないので2回の保安検査場へ急ぐ。

 保安検査を終え、搭乗を待つ。搭乗時間になり搭乗開始。搭乗順番は「優先搭乗→窓側座席→それ以外」だった。

f:id:Niiairlines:20220320225812j:plain

f:id:Niiairlines:20220320225815j:plain

この瞬間がまた堪らない

 搭乗し、自席に着く。今回は2Kの座席を指定した。搭乗率は5割行くか行かない程度。かなりガラガラだった。1~3列目までは自分以外乗っていなかった。この時期であり、尚且つ静岡ー福岡の需要はそんなにないと伺える。

 

 さて、恒例のシート間隔チェックだが以下の写真の通りだ(拳で間を測る写真を取り損ねた)。筆者の身長は165㎝ほど。

 

 シートピッチは79インチで大手のエコノミーと変わらない。ただ、個人的にはやや狭く感じた。大手は同じ79インチでもシートを薄くしたりなどしているため、体感的に広く感じれる。また、小型機であるため天井なども低い。そのため、相対的にやや窮屈に感じてしまっているだけだろう。

f:id:Niiairlines:20220320223035j:image

 離陸&巡航

 定刻よりやや早くプッシュバックされ、RWY12からテイクオフする。軽快にクライムしてあっという間に巡航に入る。この時間なのでファンブレードに光が回る。

 

 機窓写真は、エンジン、主翼ウイングレットの3つが揃いファンブレードまでしっかり光が回るのが個人的な理想。それらを全て満たしてくれたので本当に嬉しかった。

 

 E175、ファンブレードを見たいのなら1~3列目に座ることが必須だろう。それ以降だと厳しそうだ。個人的には前の座席に荷物が置ける2列目をお勧めしたい。

f:id:Niiairlines:20220320225820j:plain

この構図が一番好き

f:id:Niiairlines:20220320225830j:plain

5Aの座席から。ここだとファンブレードは見えない

 機内サービスが始まり、自分はリンゴジュースを頼んだ。FDAではドリンクのほかにチョコも配っている(写真は撮り損ねた)。絶景を見ながら飲むリンゴジュースは格別だった。

 

 そして、機内探索。前方のギャレーに来た。コンパクトながら収納量はかなりありそうだ。こう見ると機体が楕円であることがよくわかる。

 

 写真左端がトイレになる。

f:id:Niiairlines:20220320223051j:plain

R1ドアとギャレー

降下&着陸

 順調に巡航しあっという間に福岡に。RNAVアプローチでRWY16にランディング。日没前の福岡へ無事到着した。

 

 ランディングしたのはなんと17:51。定刻より30分も早い着陸となった。

f:id:Niiairlines:20220320225833j:plain

夕日を見ながらアプローチ

 こんなに早く着いたのでスポットが空いているはずもなく、10番スポットの前で10分以上の待機を余儀なくされた。こんな経験は初めてだった。

 

 18:05すぎにようやく動き出し、結果定刻より10分ほど早く2番スポットへ到着した。

 

 もちろん一番最後に降機する。そしてキャビンのショットをパシャリ。機内ショットを撮る際は事前にCAさんにお願することを忘れないよう。

 

 福岡は完全に出発と到着の動線が分けられているため、飛行機を降りた乗客は到着通路を進む。ここが撮影するには絶好のスポットになる。

f:id:Niiairlines:20220320225837j:plain

f:id:Niiairlines:20220320225841j:plain

到着通路から

まとめ

 静岡―福岡でJH149をしての感想は以下の通り。

 

  • 静岡ー福岡は比較的搭乗率低め(時期にもよる)
  • E175は大型機と変わらないシートピッチ
  • しかし、やや圧迫感はある
  • E175は窓が787と同等レベルに大きい
  • トイレはかなり狭い

 

 FDAミステリープランで予約し決まった弾丸静岡遠征。正直、静岡なんて眼中に一切なかった。

 

 しかし、実際に行ってみるとものすごく楽しかった。これがこのプランの真骨頂なんだと。行ってみないと分からない。その大切さを再確認することができたので大変満足だ。

 

 皆さんも、ぜひFDAミステリープランでどこかへ飛ぼう。

春探し

 今年もこの季節がやってきましたね。桜の季節。去年の今頃は福岡空港周辺で春探しをしていました。

 

 桜の魅力は何だろうね?何かわからないけれど見惚れてしまう。何か桜に特別な思い入れがあるわけでもない。

 

 ただ、綺麗なんだと。

 

f:id:Niiairlines:20220317164824j:plain

 

 綺麗な花を綺麗に撮りたい。ただ、それだけのことでこんなに撮影しに出かけてくなる。

 今年の桜はどうだろう、楽しみだ。

f:id:Niiairlines:20220317164828j:plain

 2枚とも2021年3月某日撮影

福岡空港~午前34運用~

 福岡空港、基本はRWY16をメインに使用する。そして、お昼頃に34運用になり17時過ぎ頃に16に戻るのが基本的な運用だ。

 

 そんな福岡で朝から34運用になることは稀である。それに加え、快晴であることは滅多にない。そんな福岡でこの好条件に恵まれた。

 

 定番であるがこの構図、福岡ならでの迫力だよね。撮れそうでなかなか難しいけど撮れた時の満足感は半端ない。

f:id:Niiairlines:20220315143110j:plain

秘境~静岡空港~

 先日、初めて静岡空港を訪れ撮影した。勝手に富士山が見えるものだと思っていたが、春先で空気が霞んでいたため壊滅状態だった。

 

 それでも最低限の視程があることを確認し、いい場所を探しひたすら歩く。空港から5kmほど歩いたところで空港が見える場所を発見した。

 望遠レンズの圧縮効果もあり個人的には好きな絵が撮れたので満足だった。

 

 実際に降り立ってみると分かる静岡空港の秘境っぷりが。車がないと詰む。

 

 ただ、その分開拓の仕方は無限大だ。車の免許を取ったら、絶対に修復したい空港の一つとなった。

 

 そんな秘境感にじみ出る写真を今週はピックアップ。

f:id:Niiairlines:20220311002746j:plain

 

脱色~モノクロ写真について~

 人は何事にも全力で取り組むと疲れてしまう。たまには力を抜かないと。

 

 写真も同じじゃないかな?撮影後の現像や編集で、コントラストや彩度を爆上げできる今の時代。見たそのものを表現したい自分からしたら、俗にいう「オーバーコントロール」と言われるものは大っ嫌いだ。

 

 しかし、Jpegのままじゃ時代の流れには取り残される。ある程度の彩度上げなどはしなければ、世間一般で言う「いい写真」にはなれない。自己満で撮っている自分からするとそんなのどうでも良くて、ただ自分が綺麗だと感じれればそれでいい。

 

 彩度の調整や色被りなど、気を遣うことが多いんだ。

 

 なら、いっそのこと脱力して色を抜いてあげよう。でも、ただモノクロにするだけじゃダメ。モノクロの方が普通の写真より難しいんだから。

 

 モノクロでも「綺麗な写真」は色があっても「綺麗な写真」だから。

 

 目が色付きに慣れているから、たまにはモノクロで休憩しようってこと。やっぱり写真て奥が深いね。

f:id:Niiairlines:20220305111614j:plain